アトピーでも脱毛はできるの?


アトピー性皮膚炎と脱毛

アトピー性皮膚炎の場合は、肌が敏感のためにレーザー脱毛は難しいのではと諦めている方もいるのではないでしょうか。

しかしむしろレーザー脱毛をした方が、肌のために良い場合もあると言われています。

アトピー性皮膚炎であっても、ムダ毛は気になるものです。そのために、むだ毛の処理をしたいと思っている人もいるでしょう。

その場合、自分で処理しようとカミソリで剃ったり、脱毛クリームを使ったり、毛抜きで抜いたりしてしまうと、それらはすべて敏感肌をさらに傷めることになります。

そこで、一度永久脱毛をしてしまうことで、そういった肌へのリスクもなくなる可能性もあるのです。

脱毛の肌への影響

レーザー脱毛をすることによる副効能としては、肌のきめが整えられることや、毛穴が引き締められるといった効果があります。

そのため、アトピーの肌がきれいになったり、かゆみが収まったりすることもあるようです。

しかしそれぞれ肌には個人差があるので、アトピー症状がひどく、かぶれや湿疹が出ていたり、さらに色素沈着を起こしている場合には、レーザー照射を行うことはおすすめできません。

一度脱毛クリニックで、医師によく相談してみて、施術が可能かどうかを確認してみるとよいでしょう。

クリニックによっては、実際の施術前にテスト照射をしてくれるところも多数あります。

アトピー性皮膚炎以外のアレルギー体質の人であっても、レーザー脱毛による副作用がでたという例はないようなので、アトピー性皮膚炎の人でも、自己処理で肌を傷めるは安心かもしれませんね。