脱毛ラボで脱毛ができない場合ってある?


脱毛は、それほど大きくはないものの肌のトラブルのリスクがありますので、脱毛ラボでも脱毛をお断りする場合があります。

脱毛サロンによってもその対応は違うかもしれませんが、代表的なものをご紹介します。

日焼け

今脱毛サロンで主流の脱毛方法は、黒い色に反応する光を使った光脱毛です。

そのため、日焼けをしていると肌へダメージを与えてしまうため、脱毛ラボをはじめとする光脱毛のサロンでは脱毛できません。

生理中

生理中の場合、デリケートゾーンの脱毛は基本的に出来ないと考えてください。

また、生理中はホルモンバランスが普段と変わってしまい、肌が敏感になっている場合があり肌のトラブルが発生しやすくなっているため、デリケートゾーン以外の部分でも脱毛が出来ない脱毛サロンもあります。

妊娠中

妊娠中の脱毛は、胎児に直接影響を与えるわけではありませんが、脱毛による刺激が母体に何らかの影響を与えてしまう可能性があるからです。

また、妊娠中はホルモンバランスが大きく変わってしまうため、毛の生え方が普段と変わり脱毛を行ってもその効果が十分に得られない場合があります。

また、肌が普段よりも敏感になっている場合があるため、肌のトラブルの可能性も高くなってしまいます。

未成年

未成年の場合、親の同意書がなければ脱毛出来ない脱毛サロンがほとんどです。

脱毛というのは高額になってしまいますし、大きくはないとはいえ、肌のトラブルのリスクもあります。やはり未成年のだけの判断に任せることはできないようです。

アルコールや薬

アルコールを摂取した後は、体温が上昇してしまいます。光脱毛は光をムダ毛に吸収させて熱に変換しています。

その熱が光脱毛の肌のトラブルのリスクになりますので、もともとの体温が高ければ、リスクが大きくなっていると言えるでしょう。

また、薬の服用も体に何らかの変調をきたしている場合があるので、脱毛は控えたほうがいいかもしれません。